相手の事が好きだと思う気持ち

1、第1印象で良いと感じる
第1印象で、印象が良いような方というのは、仲良くなりやすい傾向があります。
2、会うと会話が盛り上がる
会話が盛り上がると言う事は、お互いに相性が良いという証拠である事は間違いが出ませんね。
気が合うと言うことは、感情の中に好きど言う気持ちも出て来やすいわけですからね。
3、面白いと思った事、面白かった事等を、話のネタにする。
あの人とこの様な会話をしたらきっと楽しいだろうな、等と自然な感じで相手の事を考えているような状況ですね。
4、常に目で追う
これは常に気になっているという状況になっているわけです。
ただこの時点で、友達関係であるのか、恋心が有るのか、まだ分らないわけです。
5、相手の長所の部分を尊敬出来たりする
これも買い手が好きな一つの要因となっているわけですが、これが単なる自慢の友達であるのか、また今後恋に発展するが、それは今後期待される部分でしょう。
6、一緒に居て安心してしまう
やはり安心感を持つと言うのは、とても大切な事でありましょうね。
一緒に、安心出来る友達というのは沢山いるでしょう。
気が抜けている状態で、安心感がもてないという場合は、
もしかしたらそれは恋の可能性も…
7、連絡先の交換がしたいと考える。
事務的な連絡が必要であるという理由以外で、交換がしたいと考えるような場合というのは、これはさらに相手に近づきたいと思う証拠である事は間違いがありません。

重荷に思われる女性

恋愛相手のために何かをしてあげようという気持は、とっても大事なものです。
しかしながら、その度合いが強すぎるのは問題になりますね。
たとえば極端な例ですが、恋愛相手が出張をしている。
その出張先で体調を崩してしまった。
風邪で寝込んでいるでもなんでもいいのですが、ここで尽くし方の度合いが行き過ぎている人間は、すぐに仕事でもなんでも早退や休んだりして、恋愛相手の元に駆けつけるというアクションをとったりするものなんです。
一般的に常識はずれとされるような、
このようなアクションを取ってしまうと、男性が引いてしまうことになるのです。
ありがたいという感謝の気持ちよりも、なんなんだろうこの人は?という風に感じてしまい、引いてしまうことになるのですよ。
そしてこの度の過ぎたアクションを毎回起こされてしまうと、
自分がその大きな尽くしに対して、返すことができないという状態に陥ることがあります。
そしてそんな自分に対して、イライラとしてしまったり、
落ち込んでしまったりするものなんですよね。
だから「重荷」となって恋愛相手の男性の心に、
大きな影を落とすことになってしまうのです。
尽くしすぎる女はモテないと言われていますが、
まさしくその通りなんですよね。